ニックネームはウィークエンドピルメガリスの特長について

ED治療薬メガリスは、「ウィークエンド・ピル」といったニックネームで呼ばれています。
その理由はとても簡単で、文字通り効果がウィークエンドまで継続するからです。
シアリス譲りの持久力が備わっていて、その効果はなんと足かけ3日保たれます。
金曜日の深夜頃に服用しておけば、その効用が土曜日はもちろん、日曜日の朝から正午頃まで継続する可能性があります。
数値に換算すると、シアリス・ジェネリックの効用は24時間以上続きます。
また理論的には最長36時間まで、勃起支援の効果が得られます。
実際の数値はケース・バイ・ケースになりますが、それでも最低24時間から30時間程度の支援を受けられます。
ナイトライフを週末に楽しむ男女は、シアリス・ジェネリックを検討すべきです。
男性機能がダウンして来ると、同時にペニスのハリも失われます。
ハリの無いペニスでは女性を満足させれません。
また柔らかい状態のペニスは簡単に抜け落ちやすくなります。
挿入ミスや中折れのリスクが常に付き纏うため、安心してバッグや対面座位といったスタイルが行えません。
「とりあえず勃起するから大丈夫」という考え方は危険です。
ペニスが単純に立つだけでは、快適なセックスは出来ません。
健全なペニスは、ナシやリンゴの表面に似た固さを持っていますので、もし、自分自身の固さがそれ以下ならば、ED治療薬を検討すべきです。
萎えたままでは、男性はおろか女性も満足する事が出来ないため、セックス頻度の減少を招きます。
ED治療薬は、健康的なナイトライフの必需品になるでしょう。
即効型のバイアグラに対して、メガリスは持久型の製品になります。
スピードを期待する製品ではなく、持続時間を求める時に飲みましょう。
素早くセックスを開始したい時はバイアグラやレビトラ、休暇中、パートナーとじっくり愛し合いたい時はシアリス・ジェネリックです。
一般的なED治療薬はセックスの度に飲む必要が出て来ますが、シアリス・ジェネリックは違います。
週末に1錠服用すれば、十分な効き目が期待出来ます。
飲む頻度が少ないため、その分費用対効果に優れます。
とりあえず金曜の深夜に1錠服用しておけば、二日間は安心して性行為を始められます。
一応、最大値を見ると足かけ3日間ですが、体調や服用タイミングによって、多少ズレる可能性もあります。
あくまで基本は24時間以上という風に、利用者は解釈した方が良いでしょう。
メガリスは海外製ED治療薬の中でも、特に副作用の穏やかさに定評があります。
バイアグラジェネリックも素敵なED治療薬ですが、若干副作用の高さが気になります。
しかし、メガリスであれば偏頭痛や筋肉痛といった副作用が、とても優しいレベルで生じて来ます。
個人の体質によっては、ほとんどの面倒な副作用を実感しないパターンさえ存在します。
副作用を気にされる方々は、メガリスを優先して比較検討しましょう。
その製品なら、シアリスよりも手軽に注文出来るため、お財布にも優しい効果があります。

Comments are closed.