メガリスは安価で効果が十分なので病み付きになりそう

最近では大物俳優や子役俳優等が、テレビコマーシャルでジェネリック医薬品の有用性を語るシーンがみられるようになりました。
例えば、風邪を引いた様なので町中にあるかかりつけ医で診察をして貰い、クリニックで受け取った処方箋を近場の調剤薬局に出すと、薬剤師が処方箋に書かれた医薬品を必要な数だけ出してくれるというのが従来の姿でした。
しかし最近では薬剤師側からジェネリック医薬品にしますかと、尋ねてくる調剤薬局も登場して来ているのです。
ほとんど同じ効き目であり、かつ割安で済むのであれば患者側としては願ったり叶ったりという所でしょう。

その考え方は、勃起不全治療薬というカテゴリーでも活かされており、ジェネリック製品は次々と生まれ今もその真っ只中にいるのです。
そして、ジェネリックの恩恵を受けられるのは勃起不全治療薬の枠内にもあり、その中の一つがシアリスという医薬品です。
そもそも勃起をするメカニズムというのは、PDE5阻害剤という勃起発生時には必要不可欠な一酸化窒素が放出されます。
すると、ペニスの一部位にある平滑筋という筋節の無い筋肉が緩慢する為に、血液が海綿体に流れ込みやすい環境になり、勃起が成立するのです。
このシアリスのメリットはバイアグラとは異なり、シアリスを飲んだ後に36時間まで有効性があり、しかも空腹時に飲まなければならないという縛りも無い所にあります。
日本では、2007年9月から販売が開始されていますが、重要な問題が一つ残っているのです。
それは、シアリスがメガリスに比べて割高であるという事に他なりません。

ある医薬品の大手個人輸入行業者のWEBサイトにて比較すると、シアリス20mg1箱4錠では6千56円ですが、それがメガリスの場合は同じ条件で1742円で購入出来る事になり、差額は4314円でした。
次に2箱で計算するとシアリスが1万6千633円で購入出来るのに対し、メガリスは2779円なので、1万3千854円の差が出ます。
更に言えば7箱ではシアリスが3万4千573円ですがメガリスは4023円なので、差額は3万550円という事になります。
つまり、ほぼ毎日性交渉をするのであれば大量購入をして、3万円が浮くという結論に達します。
最後に副作用と注意点について補足しておきましょう。

どのように優れた薬でも副作用の無い薬は、今の所開発されていません。
そもそも薬というものは、本作用と副作用を見極めながら使用するというものであるという事なのかも知れません。
具体的な副作用としては顔が火照る・胃腸の具合が悪くなる・軽い頭痛等がありますが、それ程心配するには及ばないという程度です。
副作用についてはこちらのサイトを参考にしました・・・http://hemgems.com/channel_13.html
注意点としては、心臓病関連の病を患っている人や高血圧、あるいは低血圧の方は禁忌なので、注意が必要です。

また、大量のアルコールを性交渉の前に飲むと効果が半減する可能性がありますから、適度なレベルで抑えておくのがベターでしょう。

Comments are closed.